今日の用語:債券先物取引の決済方法


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
債券先物取引の決済方法には、反対売買による差金決済と、現渡し、現引きによる受渡決済の2通りがあります。

差金決済とは、売買最終日までに反対売買により売値と買値の差額で決済する方法です。現渡し、現引きによる受渡決済は、先物の売り手が現物の債券を渡して代金を受け取り、買い手はその代金を支払うと同時にその現物の債券を受け取る取引を行うことです。

受渡決済を行う場合は、売り手は標準物に替えて、受渡的確銘柄の中から銘柄を選択します。受渡的確銘柄とは、取引所が標準物と条件が同じになるように選定した債券の銘柄のことです。

 

Contents


講座のサンプル動画・・・証券外務員試験のeラーニング講座の実際の講座から抜粋したのサンプル動画をご覧頂けます。
証券外務員試験の無料問題集・・・証券外務員試験の問題集です。動画で出題、解説をしています。
証券外務員講座eラーニング実況中継・・・実際の動画講座から、ポイントとなる画像をピックアップし、先生の講義をそのままテキストで記載しています。
証券外務員試験によく出る用語解説・・・証券外務員試験によく出る用語の音声付き解説です。
eラーニング講座のお申し込み・・・『伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種』、『伊藤亮太の5日で合格!証券外務員2種』のお申し込みはこちらからどうぞ。