今日の用語:着地取引


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
着地取引とは、将来の一定時期に一定の条件で債券を受渡しすることをあらかじめ約束する売買取引のことです。約定日から1ヶ月以上先に受渡しする場合をいい、約定日から受渡しまでの期間が6ヶ月を超えることはできません。

着地取引の顧客は、上場会社またはこれに準ずる法人であり、経済的・社会的に信用のある者に限られます。

着地取引の対象となる債券は、国債、地方債、政府関係機関債などであり、新株予約権付社債は除かれます。

 

Contents


講座のサンプル動画・・・証券外務員試験のeラーニング講座の実際の講座から抜粋したのサンプル動画をご覧頂けます。
証券外務員試験の無料問題集・・・証券外務員試験の問題集です。動画で出題、解説をしています。
証券外務員講座eラーニング実況中継・・・実際の動画講座から、ポイントとなる画像をピックアップし、先生の講義をそのままテキストで記載しています。
証券外務員試験によく出る用語解説・・・証券外務員試験によく出る用語の音声付き解説です。
eラーニング講座のお申し込み・・・『伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種』、『伊藤亮太の5日で合格!証券外務員2種』のお申し込みはこちらからどうぞ。