委託者指図型投資信託


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
委託者指図型投資信託とは、委託会社が受託会社と投資信託契約を締結し、投資信託財産を委託会社の指図どおりに有価証券等で運用し、その受益権を分けて受益証券として受益者に取得させる仕組みである。

委託会社は、受託会社に対して、投資信託財産についての運用指図を行う。また、委託会社は目論見書・運用報告書を作成する。作成された目論見書・運用報告書は販売会社を通じて顧客に交付される

受託会社は、信託会社または信託業務を営む認可金融機関でなければならない。受託会社は投資信託財産の保管と計算、委託会社の指図に従った投資信託財産の運用等を行う。投資信託の毎計算期末には損益計算を行い、投資信託財産に関する計算書および報告書を作成する
 

Contents


講座のサンプル動画・・・証券外務員試験のeラーニング講座の実際の講座から抜粋したのサンプル動画をご覧頂けます。
証券外務員試験の無料問題集・・・証券外務員試験の問題集です。動画で出題、解説をしています。
証券外務員講座eラーニング実況中継・・・実際の動画講座から、ポイントとなる画像をピックアップし、先生の講義をそのままテキストで記載しています。
証券外務員試験によく出る用語解説・・・証券外務員試験によく出る用語の音声付き解説です。
eラーニング講座のお申し込み・・・『伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種』、『伊藤亮太の5日で合格!証券外務員2種』のお申し込みはこちらからどうぞ。